アートなインテリア・雑貨のセレクトショップaRts STORE

いせざきとうこ
  • 時
  • 時
  • 時
  • 時
  • 時
  • 時

<物語「時」>

…やぁ、来たのだな

この目はもう見えないが
わたしはお前を知っている。

お前が泣いているのを
長いこと、ただ見ていた。

救うことも
手をさしのべることも、できずに。


七色に光る体を持っていても
わたしは無力だ。

お前の願いを叶えることはできないが

嘆きを
怒りを
後悔を

刻む場所は、まだあるだろう。

それでお前の気が済むならば。

刃物を持っているか。
ないならば、その爪で
爪が惜しいならば、言葉で

わたしの体に刻むがいい。
お前の仲間が、そうしてきたように。


「どうして」

…そうだな。
救えなかった。
すまない。

「ちがうよ。
どうして、あなたは、
こんなに傷だらけなの。

どうして、傷つけることを許したの。
あなたは強いのに。

あなたを傷つける人と
戦うことも、できたでしょう」

ああ…。
わたしの言葉は
誰にも伝わらなかったんだよ。

謝っても、誰も許してはくれなかった。

時を戻せと
返せと
皆、泣いた。

わたしにはその力がない。

だから、この身を差し出した。
救えなかった罪滅ぼしに。
「ちがう。
そうやって謝るのは、あなたの傲慢だ。
私の後悔は、私のものだ。
あなたのせいではない。
あなたが謝ることでは、絶対に、ない」

娘よ。
わたしは、お前を見ていた。

お前が苦しんでいるのを
泣いているのを
…ただ、見ていたんだよ。

「それでも、
私の過去は、私のものだ。
今も未来も、私のものだ。

私がしてきたことだ。
誰のせいでもない。
あなたのせいでは、絶対に、ない」

ああ。
娘よ。

泣いているのか。

ああ。
泣いているなぁ。

ここに来る者は皆、泣いている。

「あなたも、泣いている」

そうだな。
そうかもしれないな。

ひとの
嘆きを
怒りを
悲しみを

救うことができないと知って

これ以上、直視できないと耐えきれず
ずいぶん昔にこの目を潰した。

それでも感じる。

娘よ。
お前は、わたしのために泣いてくれるのだな。

この穴蔵にこもって
もう、ずいぶん経った。

わたしの傷はずいぶん増えたが
ずいぶんと、治りもした。

なぁ。
人を救おうとすることは、傲慢か。
その過去を背負おうとすることも、傲慢か。

「そうだよ。
あなたは、ただ、
あなたの幸せを願えばいい」

…そうか。

ならば、娘よ。
わたしはここから出よう。

この体はわたしの誇りだ。

間違っていたとしても
傷つけられることを、わたしが選んだ。

それで、いいのだろう。

「うん」

娘。
お前、いま笑っただろう。

笑う者を見るのはずいぶん久しぶりだ。

さぁ、出よう。
わたしの体に、つかまれるか。

「うん。傷跡が、ちょうどいい取っ手だよ」

そうか。
無駄ではなかったな。

ああ。
嬉しいな。

お前と言葉が通じることが
嬉しいよ。

娘。
人の子。

お前を乗せて
ここを出よう。

わたしは、
お前を見ているよ。

お前が苦しんでも泣いても
救うことはできない。

それでも
ただ、見ているよ。

お前が死ぬまでずっと、見守っているよ。

<完>

過去に傷つき苦しんだことのある少女と、人の過去を背負おうとした<時>(七色の生き物)。

神話のような物語を絵にしています。

どうやって描いているの?と聞きたくなる、綺麗な七色です。

納期:約1週間
水彩画・フレーム(額)あり

price
¥ 89,640
size
24.5×30.6cm
taste
水彩画

カートに入れる

  • Share on Tumblr

サイズ
価格

¥ ¥

トーン
ジャンル
どこにおく?